DESIGNMAP

  1. TOP
  2. マジック
  3. 『魔法のマスターキー』

『魔法のマスターキー』

テンヨー社が1994年に発売されたマジックでロングセラーの商品です。
借りた500円玉を、鍵のついたケースに閉じ込めます。ケースには鍵穴が空いてコインがみえます。鍵を刺すと、コインを貫通していきます。

ゆっくりと演じることができます。
地味なマジックですが、見せ方しだいで格段に不思議にみせることができます。

ケースのデザインや素材が工夫されています。
外箱はデザインを工夫することで視覚的な錯覚を利用しています。ケースのコインを置く内箱はウレタンのような素材でできていて、コインがぴちっと閉じ込める感触がよりコインを閉じ込めている印象を強めます。

完成度が高いマジックです。
道具の美しさ、持ち運び性、耐久性、即席性、トリックの自己完結性(何かをひそかに加えたり、削除したりなどがない)などです。

唯一の欠点は現象に意外性がない点でしょうか。

考案は深野敦さん。深野さんはコインマジックの名手だったと記憶しています。テンヨーからは『マネードリップ』、『お札ハッカー』などお金をつかった作品を発表されています。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
ディレクター
ON VISITINGを制作・運営。
お問い合わせ