DESIGNMAP

  1. TOP
  2. 公開講座
  3. ゼロから始めるPython入門
  4. テキストエディタで書いたコードをコマンドラインから実行する ー ゼロから始めるPython入門【Vol.3】

テキストエディタで書いたコードをコマンドラインから実行する ー ゼロから始めるPython入門【Vol.3】

前回インストールしたAtomを使って実際にコードを書いて、コマンドラインからPythonを実行していきます。

コマンドラインとは、キーボードでコマンドを入力して、フォルダの作成、ファイルの作成、移動などができる画面です。Windowsではコマンドプロンプト、 MacではターミナルとどちらもOSに標準で入っているソフトを使います。

今回もWindowsとMacに分けて解説してきます。

Windows

Atomでコードを書く

Atomを起動します。[ファイル]メニュー→[新規ファイル]をクリックします。[ファイル]メニュー→[保存]をクリックします。ドキュメント(マイドキュメント)フォルダ内に新規フォルダ「python-study」をつくります。「python-study」内に、「hello.py」というファイル名で保存します。

以下のコードを記述します。「こんにちは」以外はすべて半角で入力します。

print("こんにちは")

[ファイル]メニュー→[保存]をクリックして上書き保存をします。

コマンドプロンプトを起動する

画面左下の[Window]ボタン()を右クリック→[コマンドプロンプト]をクリックするとコマンドプロンプトが起動されます。もしくは[Windows]キーを押しながら[R]を押します。「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されます。「cmd」と入力して[Enter]キーをおすとコマンドプロンプトが起動されます。

cd

と半角で入力して[Enter]キーをおします。「C:¥Users¥ユーザー名」が表示されます。これは現在のフォルダの場所を表しています。

dir

と入力して[Enter]キーをおします。現在のフォルダの中が一覧表示されます。「Desktop」フォルダ、「Documents」フォルダ、「Downloads」フォルダなどが表示されます。

cd Do

と入力して[Tab]キーをおします。「cd Documents」とコードが補完されます。

続けて

cd Documents¥py

と入力して[Tab]キーをおします。「cd Documents¥python-study」とコードが補完されます。
円マークは半角で入力します。

そのまま[Enter]キーをおします。

C:¥Users¥ユーザー名¥Documents¥python-study>

と表示されます。これが現在いるフォルダの場所です。
cdコマンドを使うことで、フォルダの移動ができます。

dir

と入力して[Enter]キーをおします。先ほど保存した「hello.py」が表示されるかと思います。

python he

と入力して[Tab]キーをおします。「python hello.py」とコードが補完されます。
そのまま[Enter]キーをおします。

こんにちは

hello.pyが実行されます。

コマンドプロンプトを終了したあと、もう一度立ち上げると

C:¥Users¥ユーザー名>

のようにフォルダの位置が元に戻ってしまいます。再度先ほどの「hello.py」を実行したい場合は、先ほどの手順のようにcdコマンドで現在位置をpython-studyフォルダに移すか、

python Documents¥python-study¥hello.py

とダイレクトにファイルの保存場所を指定してPythonを実行する必要があります。

今回の手順のように、ファイル名やフォルダ名は一部を入力して[Tab]キーで補完すると楽です。

cdコマンドの後に、フォルダをドラッグアンドドロップする方法

またcdコマンドでフォルダ名をいれるときに、cdのあとに半角スペースをいれて、フォルダをコマンドプロンプトの画面にドラッグアンドドロップする方法もあります。

例えば、cdのあとに半角スペースを入力して、「python-study」フォルダをコマンドプロンプトの画面にドラッグアンドドロップします。cd Documents¥python-studyがはいるので、[Enter]キーをおすと、ダイレクトに
「python-study」フォルダに移動できます。コマンドプロンプトで階層が深い場所に移動するときに、便利な小技です。

Mac

Atomでコードを書く

Atomを起動します。[ファイル]メニュー→[新規ファイル]をクリックします。[ファイル]メニュー→[保存]をクリックします。「書類」フォルダ内に新規フォルダ「python-study」をつくります。「python-study」内に、「hello.py」というファイル名で保存します。

以下のコードを記述します。「こんにちは」以外はすべて半角で入力します。

print("こんにちは")

[ファイル]メニュー→[保存]をクリックして上書き保存をします。

ターミナルを起動する

Finderを開きます。左側のメニューの[アプリケーション]をクリックして、[ユーティリティ]をクリックします。[ターミナル]をダブルクリックします。

ターミナルに

pwd

と入力して[enter]キーをおします。「/Users/ユーザー名」が表示されます。これが現在のディレクトリの場所です。ディレクトリとはフォルダのことです。

cd Doc

と入力して[tab]キーをおします。「cd Documents」とコードが補完されます。

続けて

cd Documents/py

と入力して[tab]キーをおします。「cd Documents/python-study/」とコードが補完されます。
そのまま[enter]キーをおします。

pwd

と入力して[enter]キーをおします。「/Users/ユーザー名/Documents/python-study」が表示されます。現在のディレクトリの場所を移動しました。

ls

と入力して[enter]キーをおします。「hello.py」が表示されます。lsコマンドは、ディレクトリ内のファイル名やディレクトリ名を一覧表示します。

python3 he

と入力して[tab]キーをおします。「python3 hello.py」とコードが補完されます。そのまま[enter]キーをおすと、Pythonファイルが実行され「こんにちは」が表示されます。

Macの場合、単にcdと入力して、[enter]キーをおし、pwdと入力して、[enter]キーをおすと

/Users/ユーザー名

というように現在位置が元に戻ります。またターミナルを終了して、再度起動すると同じく現在位置は元に戻ります。再度、hello.pyを実行したい場合は、cdコマンドで同じようにディレクトリの場所を移動するか、

python3 Documents/python-study/hello.py

のようにダイレクトにファイルの保存場所を指定してPythonを実行する必要があります。

今回の手順のように、ファイル名やフォルダ名は一部を入力して[tab]キーで補完すると楽です。

cdコマンドの後に、ディレクトリをドラッグアンドドロップする方法

またcdコマンドでディレクトリ名をいれるときに、cdのあとに半角スペースをいれて、Finderからフォルダをコマンドプロンプトの画面にドラッグアンドドロップする方法もあります。

例えば、cdのあとに半角スペースを入力して、Finderから「python-study」フォルダをコマンドプロンプトの画面にドラッグアンドドロップします。cd Documents/python-study/がはいるので、[enter]キーをおすと、ダイレクトに「python-study」ディレクトリに移動できます。階層が深い場所に一気に移動ができる方法です。

まとめ

今回はWindowsはコマンドプロンプト、Macはターミナルから、保存したPythonファイルを実行しました。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール

DESIGNMAP
制作ディレクター。フリーランス。
ON VISITING」を運営。
お問い合わせ