DESIGNMAP

  1. TOP
  2. マジック
  3. 『魔法のプランジャー』

『魔法のプランジャー』

術者は小さい吸盤(プランジャー)をとりだす。トランプのカードを一枚おき、吸盤で吸い上げる。今度は、カードを4枚ならべ連続で吸い上げる。この連続で吸い上がる現象は演じていても楽しい。

次に客に5から10までの数字をいってもらう。
1組全体のトランプに吸盤をあてると、複数枚のカードがもちあがる。枚数を数えると、客のいった枚数に一致する。

最後にトランプからカードを1枚を選んでもらう。
もとに戻してもらい、1組のトランプに吸盤をあてると、トランプの半分くらいのカードがごっそり持ち上がる。
その分かれたカードをみせると客の選んだカードである。

最後のごっそりと分厚いカードが持ち上がるところは、意外性がありパワフルな現象。ただただ不思議である。

テクニックは不要で、事前の特別な準備も不要。
小さな吸盤、ギミック、トランプ1組がついている。吸盤の持ち手が木製で美しい。

考案はフランスのマジシャン、マシュー・ビシュ(Mathieu Bich)さん。クリエイターとして知られている人でテンヨー社から『ホワイトインパクト』『ゴーストカメラ』が商品化されている。マジックショップでも多くのオリジナル作品が販売されている。

筆者はマシュー・ビシュの『TnR』という商品を買ったことがある。破ったカードが目の前でまったくのカバーなしにつながっていく現象だった。本作品もそうだが、マシュー・ビシュの作品はビジュアルな現象が特徴といえる。

現象の楽しさ、不思議さ、演じ易さ(テクニック不要)など、文句なく傑作のカードマジック。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
制作ディレクター。フリーランス。
ON VISITING」を運営。
お問い合わせ