DESIGNMAP

  1. TOP
  2. マジック
  3. 『チーズミステリー』

『チーズミステリー』

cheese

チーズを模した5枚の黄色いカードをみせます。1枚の角がかじられます。次に2枚目、3枚目もかじられます。結局、4枚のチーズがかじられてしまいます。最後の1枚はチーズカードの裏でごそごそ動きます。つかまえるとねずみの絵が描かれたカードが現れます。

数枚のカードをつかったマジックはパケットトリックというのですが、色が変わったり、絵柄がかわるという現象は膨大な数の作品が存在します。チーズミステリーは本当にカードの角がかけてゆくところがユニークです。

手順はストーリーになっていて、最後に徹夜で見張ってネズミをつかまえたというオチで、楽しいマジックです。

手順のなかで5枚のカードは裏も表もみせますので、楽しいだけでなく不思議です。
3枚目は残りのカードを完全にみせたあと、かじられしまうので不思議です。

4枚目のチーズが欠けるところは、直前まで角が通常なのをみせて、目の前でかじられるので鮮やかです。
本当に魔法で角がかじられたようにみえます。

考案は鈴木徹さんでメーカーはマジックランド。発売されたのは80年代だったと記憶しています。「キャベツストーリー」というパケットトリックと一緒に販売されていました。数年前に復刻されて、全国のマジックショップで入手できます。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
制作ディレクター。
お問い合わせ