DESIGNMAP

  1. TOP
  2. マジック
  3. 『クレイジーノット』

『クレイジーノット』

ロープを何回も何回も結んでいき、大きなかたまりの結び目をつくります。その状態でロープをひっぱると結び目がぽとっと床に落ちます。手元には短くなったロープが残ります。意外性があり、ユーモアのある現象でお気に入りのロープマジックです。

考案者はスイスのマジシャン、パベルさん。
意外性とユーモアのあるオチで気に入っています。

パベルさんのホームページをみたら、さらに改案が『Krazy Knot + Finale』というタイトルで発売されていました。落とした結目を短くなったロープに戻すと、元に戻る手順です。
http://www.pavelmagic.com/us/mainhome.php?p=krazy_knot

パベルさんは多くのロープマジック、シルクマジックを考案されています。
なかでも代表作品は『Super Walking Knot』です。この作品で1982年のFISM大会で受賞しています。これは6メートルほどのロープを左右に張ります。ハサミで好きな場所を切って結びます。結び目が移動します。移動先の結び目をほどくことができるという現象です。

もう一つパベルさんのマジックで好きなのが『THE YELLOW ROPE』です。透明なチューブにロープを通すと、5つの結び目が現れる現象です。『PAVEL’S ENCHANTED ROPES』というDVDで解説されています。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
制作ディレクター。フリーランス。
ON VISITING」を運営。
お問い合わせ