DESIGNMAP

  1. TOP
  2. フリーランス
  3. 独立に役にたった会社員時代の経験は新規開拓の企画営業

独立に役にたった会社員時代の経験は新規開拓の企画営業

独立を考えている方と話すと、まずはどこかの制作会社にはいって修行をしたいと言われます。筆者の率直な意見は「あまり制作会社を期待しないほうがいい」です。実務経験を過度に期待しないほうがいいです。

極端な例ですが、古い制作会社にはいると、保守や更新の仕事の比重が高くなり、その会社独特のルーティンワークが多くなります。言い換えれば、その会社しか通用しないスキルや経験を身につけてしまうリスクがあります。この場合だとせっかくの実務経験が独立にはつながりません。

また短納期ばかりの案件を要求される現場にいくと、その環境に慣れている製作者は考えなくなります。
筆者は実際に経験したのは、広告代理店の下請けの制作会社で、その状態を経験しました。短納期すぎて、自分の頭で考えなくなっていくのです。スクリプトであれば、検索をして答えを探すような作り方になっていきます。

制作会社を探すのなら案件の規模は小さく地味でも、お客さんと直接取引で、コンサルタントとディレクションをやっているところを選ぶ必要があります。制作プロセスにこだわっている会社です。そういう会社ならディレクターやアカウントプランナー(企画営業)を経験をすることで独立への準備になります。

制作職ではいった場合でも、入社後は企画営業を希望したほうがいいです。営業は嫌がる人が多いですので、希望をすればやらせてもらえる可能性は高いです。

筆者の経験でもっとも独立に役にたったのは、法人相手の企画営業の経験でした。
パッケージデザインやセールスプロモーションツールを企画する会社で具体的な商品カタログがない会社です。

会社からは名刺と会社案内を渡されただけで外に放り出されました。
えっこれだけで営業するの?という感じです。

戸惑いながらも、自分なりに営業リスト、営業ツールをつくって、飛び込み営業を経験しました。受注後も、デザインのディレクションを含め納品までトータルに担当する会社でした。

営業をしながら、これなら一人くらいの規模なら独立も無謀ではないと感じたことをおぼえています。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
制作ディレクター
ON VISITINGを運営。
お問い合わせ