DESIGNMAP

  1. TOP
  2. 公開講座
  3. ゼロから始めるPHP入門
  4. 学習環境の構築 ー ゼロから始めるPHP入門(PHP7)【Vol.1】

学習環境の構築 ー ゼロから始めるPHP入門(PHP7)【Vol.1】

プログラミング言語のPHPの学習をおこなっていきます。プログラミングが初めての方を対象とします。HTMLは入門程度の知識が必要です。

今回はWebブラウザ、PHP、テキストエディタのインストールを行います。

Chromeのインストール

まずWebブラウザをインストールします。本講座ではChromeを使います。
手順に関しては下記のページを参照してインストールしておきます。

Windows

http://www.designmap.info/tobewebdesigner/tutorial/chrome_win_2015/

Mac

http://www.designmap.info/tobewebdesigner/tutorial/chrome_mac_2015/

XAMPPのインストール

XAMPPは、PHPに加えてWebサーバーのApache、データベースサーバーのMariaDBなどが一括でインストールされるツールです。WindowsとMacに分けて解説していきます。

Windows

WebブラウザはChromeを使ったものとして解説します。

Chromeを起動します。XAMPPの公式サイトのダウンロードページに行きます。

Windows、Linux、Mac(OS X)向けのデータが用意されています。
バージョンを指定してインストールをする手順でご紹介します。

「その他のダウンロード »」をクリックします。

「XAMPP Windows」をクリックします。

様々なバージョンがリストに表示されます。本講座ではPHP7を学びますので、7以上のバージョンを選んでください。

本手順では執筆時点の最新バージョンである「7.1.1」をクリックします。このバージョンの数字は随時更新されますので、最新バージョンを選んでください。

「xampp-win32-7.1.1-0-VC14-installer.exe」をクリックします。
5秒ほど待つとダウンロードが始まります。

ダウンロードが終了しましたら、画面左下の[ウインドウズ]ボタンを右クリックし、[エクスプローラー]をクリック→[ダウンロード]をクリックします。
ダウンロードフォルダの中の「xampp-win32-7.1.1-0-VC14-installer.exe」をダブルクリックします。

「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」というダイアログがでてきた場合[はい]をクリックします。

下記のような[Question]ダイアログが表示されます。[Yes]ボタンをクリックします。

これはアンチウィルスソフトが動作している場合、インストールに時間がかかるかもしれないという確認です。

次に下記のような[Warning]ダイアログが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。

これはWindowsのユーザーアカウント制御がXAMPPの機能を制限するかもしれないので、Cドライブ直下のProgramFilesフォルダにインストールしないでくださいという警告です。

[Setup]のダイアログが開きますので[Next>]ボタンをクリックします。

[Select Components]ダイアログが開きますので[Next>]ボタンをクリックします。

[Installation directory]ダイアログが開きますので[Next>]ボタンをクリックします。

[Bitnami for XAMPP]ダイアログが開きますので、チェックを外して[Next>]ボタンをクリックします。

[Ready to Install]ダイアログが開きますので[Next>]ボタンをクリックします。
インストールが始まります。

インストールの途中で「このアプリの機能のいくつかがWndowsファイやウォールでブロックされています」というダイアログがでた場合、[アクセスを許可する]ボタンをクリックします。

「Completing the XAMPP Setup Wizard」というメッセージのダイアログが開きますので[Finish]をクリックします。

[Languege]ダイアログが開きますので、左側のラジオボタンを選んで[Save]ボタンをクリックします。

[XAMPP Control Panel]が表示されます。
Webサーバーソフトの[Apache]を起動してみましょう。[Start]ボタンをクリックします。

下記のように[Apache]が緑の長方形で囲みがつき、PIDやPortに数字が表示されれば無事起動しています。

Mac

WebブラウザはChromeを使ったものとして解説します。

XAMPPの公式サイトのダウンロードページに行きます。

Windows、Linux、Mac(OS X)向けのデータが用意されています。
バージョンを指定してインストールをする手順でご紹介します。

「その他のダウンロード »」をクリックします。

「XAMPP Mac OS X」をクリックします。

様々なバージョンがリストに表示されます。本講座ではPHP7を学びますので、7以上のバージョンを選んでください。

本手順では執筆時点の最新バージョンである「7.1.1」をクリックします。このバージョンの数字は随時更新されますので、最新バージョンを選んでください。

「xampp-osx-7.1.1-0-installer.dmg」をクリックします。
5秒ほど待つとダウンロードが始まります。ダウンロードが終了するまで待ちます。

commandキーを押しながらtabキーを押して、「Finder」に切り替えます。
メニューバーの[移動]メニューから[ダウンロード]をクリックします。

「xampp-osx-7.1.1-0-installer.dmg」をダブルクリックします。
「XAMPP.app」をダブルクリックします。「“XAMPP.app”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」とダイアログが表示されますので、[開く]をクリックします。

[Setup]のダイアログが開きますので[Next>]をクリックします。

[Select Components]ダイアログが開きますので[Next>]をクリックします。

[Installation directory]ダイアログが開きますので[Next>]をクリックします。

[Bitnami for XAMPP]ダイアログが開きますので、チェックを外して[Next>]をクリックします。

[Ready to Install]ダイアログが開きますので[Next>]をクリックします。
インストールが始まります。

「Completing the XAMPP Setup Wizard」というメッセージのダイアログが開きますので[Finish]をクリックします。

commandキーを押しながらtabキーを押して、「manager-osx」に切り替えます。

XAMPPの[Welcome]が表示されます。

[Manage Servers]をクリックします。
[Apache Web Server]に緑のアイコンが表示されていてApacheが起動しています。赤くなっている場合は、[Apache Web Server]をクリックして[Start]ボタンをクリックします。

テキストエディタのインストール

次にテキストエディタを用意します。
本講座では「Atom」を使います。Windows版、Mac版ともあり、フリーで提供されています。
「Atom」のインストールは、過去記事をご覧ください。

テキストエディタに関しては他のものでも構いません。その場合、ファイルを保存する場合は文字コードを「UTF-8」(BOMなし)で保存してください。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
制作ディレクター
ON VISITINGを制作・運営。
お問い合わせ