DESIGNMAP

  1. TOP
  2. 公開講座
  3. ゼロから始めるPHP入門
  4. PHPの実行 ー ゼロから始めるPHP入門(PHP7)【Vol.2】

PHPの実行 ー ゼロから始めるPHP入門(PHP7)【Vol.2】

今回は簡単なコードを書いてPHPを実行していきます。

PHPを実行する方法は様々ありますが、本講座ではHTMLの中にPHPのコードを書いて、Webサーバーの公開用のディレクトリ内に保存して、WebブラウザからWebサーバーへリクエストして実行する方法を行います。

まず学習データを保存するフォルダを作ります。

XAMPPフォルダ(WindowsですとCドライブ直下、Macですとアプリケーションフォルダ直下にあります)の中の「htdocs」フォルダの中に「php-study」フォルダを作ります。

「htdocs」フォルダはWebサーバーソフトであるApacheの公開用のディレクトリです。この中に学習用のフォルダを作る必要があります。Apacheの設定ファイルを変更することで公開用のディレクトリを変更することも可能ですが、本講座ではデフォルトの「htdocs」フォルダのままで学習します。

HTMLとPHPの記述

Atomを起動します。[ファイル]メニュー→[新規ファイル]をクリックします。[ファイル]メニュー→[保存]をクリックします。[php-study]フォルダ内に、「hello.php」というファイル名で保存します。

まず下記のようなHTMLを書きます。
これはAtomに標準で付いているEmmetを使いコードを生成させます。

半角で「html」と記述し「Tab」キーを押すと下記のコードが生成されます。
Emmetは楽にHTML、CSSを記述できるツールです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title></title>
</head>
<body>

</body>
</html>

ではbody要素の中にPHPのコードを足していきましょう。
ここは手書きです。「太郎」「こんにちは」「さん!」以外は半角です。文の最後のセミコロン「;」の記述の忘れに注意してください。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title></title>
  </head>
  <body>
<?php
$message = "こんにちは";
print($message);
?>
  </body>
</html>

上書き保存をします。

では実行していきましょう。

Apacheを起動する

Windows

Cドライブ直下のXAMPPフォルダを開きます。「xampp-control.exe」をダブルクリックします。 [XAMPP Control Panel]が表示されます。 [Apache]の[Start]ボタンをクリックしてApacheを起動します。すでに起動している場合は、そのままです。
Apacheが起動すると、緑で囲まれ、PIDやPortに数字が表示されます。

Mac

[アプリケーション]フォルダの中の[XAMPP]フォルダの中の「manager-osx.app」をダブルクリックします。ユーザーパスワードを入力して[OK]ボタンをクリックします。

commandキーを押しながらtabキーを押して「manager-osx」に切り替えます。 XAMPPの[Welcome]が表示されます。 [Manage Servers]をクリックします。 [Apache Web Server]に緑のアイコンが表示されていてApacheが起動していることを確認します。赤くなっている場合は、[Apache Web Server]をクリックして[Start]ボタンをクリックしてApacheを起動します。

Webブラウザの起動

Chromeを起動します。アドレス欄に「localhost/php-study」と入力してEnterキーを押します。 「book_cart.php」が表示されますので、クリックします。

こんにちは

と表示されれば成功です。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
ディレクター
ON VISITINGを制作・運営。
お問い合わせ