DESIGNMAP

  1. TOP
  2. ブックレビュー
  3. 『増補改訂版 レイアウト、基本の「き」』

『増補改訂版 レイアウト、基本の「き」』

旧ブログで何度かおすすめしたことがあるデザインの入門書『レイアウト、基本の「き」』(グラフィック社)が増補改訂版として2017年4月に発売された。

著者の佐藤直樹さんはエディトリアルデザイナー・グラフィックデザイナーであり、近年は巨大壁画の画家活動もされている。その佐藤さんがデザインの入門書を出したことに驚いた記憶がある。

タイトルは「レイアウト」となっているものの、CHAPTER0「レイアウトを「見」て見る」、CHPTER1「全体構成を考える」までがレイアウトで、それ以降はCHPTER2「書体について考える」、CHAPTER3「写真やイラスト」、CHAPTER4「チャート、地図、表、グラフ」、CHAPTER5「色の選び方、配色」という内容でレイアウトに含むデザインの要素までをカバーしている。

特に必読なのがCHPTER1で「目の流れ」「優先順位」「面を分割する」「ラフを切る」「ラフから実制作へ」「ガイドラインを使って考える」というデザインの制作プロセスが分かりやすく解説されている。旧版よりさらに分かりやすくなっている。

デザイナーではないが、しっかり伝わるチラシやフライヤーなどを作りたい人におすすめしたい。

2012年に出た旧版より25ページほど増えている。大きくページが追加されたのはCHPTER5「色の選び方、配色」の章で、「単色を決める」「単色でイメージを広げる」の項目が追加された。他にもCHPTER1「全体構成を考える」、CHPTER2「書体について考える」などで内容が追加されている。

一般の人向けのデザイン入門書の決定版。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
ディレクター
ON VISITINGを制作・運営。
マジックカテゴリーはhttp://tejina.designmap.info/に移しました。
お問い合わせ